HOMEmenuプロフィールmenu政策・ビジョンmenu実績menu議会報告menu行動記録menuご意見・ご要望

HOME 政策・ビジョン 子育て支援ビジョン

政策・ビジョン

vision1

高層ビル子どもは未来を担う宝です。公明党は児童手当の拡充をはじめ、出産育児一時金の充実、不妊治療への助成、奨学金の拡充など、子育て支援政策を一貫して粘り強く進めてきました。
現在、働く女性が増え、子育てのライフスタイルも大きく変化し、妊娠・出産、仕事と育児の両立など、子どもが成人するまでの期間を切れ目なく支援することが求められています。
こうした現場からの声を受け、子育て世代を応援し、負担を軽減する支援策として「子育て支援ビジョン」をまとめました。
安心して子育てできる品川をつくるため、全力をあげてまいります!

 

パートなどの短時間勤務でも預けやすい保育園を拡充します!

保護者がパートなどの短時間勤務の場合には、保育園の入園を希望しても入れないケースが増えています。そこで、パートなどの短時間勤務でも入園しやすい保育園を拡充します。

2、木密地域対策! ~崩れない・燃え広がらない・高校3年生までの入院費用を助成します!

公明党の主張により、品川区では現在中学三年生までの医療費を所得にかかわらず全額助成を実施しています。今後はさらに高校三年生までの入院費用の助成を推進します。

子どものインフルエンザやロタウイルスなどの予防接種費用を無料化します!

インフルエンザの発症や重症化を予防するワクチン接種には、費用がかかり家計の負担となります。そこで、安心して子育てできるようインフルエンザやロタウイルスなど予防接種費用の無料化をめざします。

助産師などの専門スタッフによる産後ケアセンターの設置をめざします!

初めての子育てに緊張と不安がつのり、産後うつや育児不安を引き起こすケースが増えています。
そこで、助産師などの専門スタッフが、産後のお母さんの相談に乗り、心と体をケアし、赤ちゃんの健やかな成長を支援する産後ケアセンターの設置を目指します。

不妊治療費用への助成をさらに拡充します!

公明党の推進で特定不妊治療への助成は現在、「一回十五万円を年二回まで」「通算五年間」になりました。さらに拡充し、高額な不妊治療の負担軽減をめざします。