HOMEmenuプロフィールmenu政策・ビジョンmenu実績menu議会報告menu行動記録menuご意見・ご要望

HOME 実績 実績エピソード「住宅用火災警報器」

政策・ビジョン

point実績紹介トップ

point災害対策

point子どもの目線

point若者を応援

point高齢者を支援

 サイドメニューサブ特別養護老人ホーム
 サイドメニューサブ住宅用火災警報器
 サイドメニューサブ駅エレベーター

pointその他

チャイルドビジョン

子どもの危険学習ソフト

実績紹介

実績エピソード

 火災は最愛の家族の命を一瞬で奪う恐ろしい災害です。また、仮に命が助かっても財産の全て失ってしまいます。これは人生にあって、精神的にも大変な打撃になります。

 そんな悲劇は絶対に起こしてはならない。そう誓う伊藤こういちは2010年4月から義務化される「住宅用火災警報器」の設置の普及促進を都に何度も求めてきました。

 これに対し、都は全ての都営・公社住宅に設置を行うことを約束し、また東京消防庁により、これまでにない取組みが行われることになりました。

 さらに、区議との連携で、品川区では独自に65歳以上の高齢者世帯と障がい者世帯に補助金を出し、設置促進していくことにもなりました。