HOMEmenuプロフィールmenu政策・ビジョンmenu実績menu議会報告menu行動記録menuご意見・ご要望

HOME 実績 実績エピソード「重度障がい児のための通学バス存続」

政策・ビジョン

point実績紹介トップ

point災害対策

point子どもの目線

 サイドメニューサブチャイルドビジョン
 サイドメニューサブヒブワクチン助成制度
 サイドメニューサブSIDS予防
 サイドメニューサブスクールゾーン
 サイドメニューサブ退職教員ボランティア制度
 サイドメニューサブ重度障がい児のための通学バス存続
 サイドメニューサブ障がい児の放課後の居場所づくり

point若者を応援

point高齢者を支援

pointその他

チャイルドビジョン

子どもの危険学習ソフト

実績紹介

実績エピソード

 ある日、伊藤こういちに一本の電話が寄せられました。
 重度の障がいをもつ子どもの保護者の方からの相談でした。

「来年から都の財政削減のため、通学バス4コースのうち1コースが削減される。バスが3コースになると小・中の義務教育が優先されるので、高校に通う我が子はバスにのれない・・・」

 伊藤こういちは19年にわたって児童センターに勤務し、障がいをもつ多くの子どもたちや、その家族と接してきました。その経験から重度の障がい児が「通学バスに乗れない」ということがどれだけ大変な事か、すぐに理解できました。

 それはただ単に「負担が増える」のではなく、「学校に行けなくなる」と言うことに直結する大変な問題なのです。

「バスのコースを削ることは絶対にあってはなりません。困っている人の側に立って考え直してください。」

 伊藤こういちは即座に、そして懸命に都に「計画の再検討をするよう」強く申し入れを行いました。その結果、通学バスのコースの存続が約束されました。